Top > 携帯代の未払いはキャッシングを利用できない原因になる

携帯代の未払いはキャッシングを利用できない原因になる

キャッシングを利用する場合、利用者の信用力に対してお金が貸し出されるかたちとなります。そのため、職業や年収などは利用者が信用力のある人物かを知る上で非常に有力な判断材料となりますが、その他の判断材料としては個人信用情報機関へ登録されている過去の借金の履歴やその返済状況などがあります。個人信用情報機関へはその他にも携帯代の未払いなどの情報が金融事故として登録されています。
キャッシングの申込を受けた業者側は、申込用紙などに記載された住所や年収などの真否を確認することになりますが、よほど特別の事情がある人でない限り、虚偽の内容で申込をする人はいません。所定の条件を満たしている限り、この段階で審査に落させてしまう人はあまりいません。
審査の次の段階では前述した個人信用情報機関へ登録されている借金の履歴や返済状況などの確認が行われることになります。この段階であまりにも常識を外れた多重債務をしているような人や、返済を滞納している人、あるいは携帯代の未払いなどがある人は返済能力に不安がある人物として審査に通過しない可能性があるのです。
気になる主婦カードローンSC127についてはこちらで書いています。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
携帯代の未払いはキャッシングを利用できない原因になる(2014年6月26日)
自己流のオールバックです(2014年4月29日)
花粉症でメイクに悩む。(2014年4月12日)
好きなアイドルグループの商品を買う為にキャッシングを利用した今井(仮名)さんの体験談(2014年4月 4日)
ホワイトな職場に就職するには(2014年3月26日)